ダリフラ”ゴロー”役などの声優・梅原裕一郎さんが病気療養で休業を発表

声優・梅原裕一郎さんが、病気療養のため休業することを、所属事務所の株式会社アーツビジョンから発表された。

梅原裕一郎さんは、現在放送中のアニメにも多々出演している人気若手声優。最近だと『ダーリン・イン・ザ・フランキス』のゴロー役、『ダメプリ ANIME CARAVAN』のヴィーノ役、『重神機パンドーラ』のジェイ・ユン役などに出演。

さらに、来季の2018夏アニメでは『ハッピーシュガーライフ』の北埋川大地役、『プラネット・ウィズ』の虎居英雄役、『ゴブリンスレイヤー』のゴブリンスレイヤー役などメインキャスト級の出演が予定されている。それらがどうなるのかなどは現在不明。

事務所公式サイトには「梅原 裕一郎に関しましてのご報告」と題したエントリーが立てられ、「弊社所属の梅原裕一郎が【急性散在性脳脊髄炎】の為、現在、入院、療養をしております。」と報告されている。

急性散在性脳脊髄炎とは
静脈(じょうみゃく)周囲の炎症と脱髄性病変(だつずいせいびょうへん)が脳・脊髄の白質(はくしつ)内に多数形成されるまれな病気で、たいていは、予防接種を受けた後や、感染症にかかった後におこります。症状としては、発熱、頭重、全身倦怠、嘔吐などの症状がおこって1~2日後に神経症状が現われてきます。治療には、音や光による刺激を避け、絶対安静が必要ですし、全身状態を改善させる集中治療が必要なので、入院します。(参考:急性散在性脳脊髄炎(アデム)/コトバンク)

復帰の時期については「改めてご報告させて頂ければと思います」とのこと。

今後の活躍にも大きな期待が持てるだけに、一日も早い回復を心から祈るばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。