梶裕貴さんの”声優という仕事への思い”を語った「いつかすべてが君の力になる」が5月10日発売!

数々のアニメ作品に出演している売れっ子声優の梶裕貴さんの書籍「いつかすべてが君の力になる」が、明日5月10日に発売される。

梶裕貴さんは、「進撃の巨人」エレン・イェーガー役、「七つの大罪」のメリオダス役など多数の作品で主人公を務める。2009年には「第3回声優アワード」の新人男優賞を、2013年、14年の2年連続で「声優アワード」主演男優賞を受賞するなど、実力派声優として高く評価されている。

「いつかすべてが君の力になる」は、梶裕貴さんの著書で、河出書房新社の「14歳の世渡り術」シリーズの最新作。14歳のときに声優を目指し始めた梶さんの下積み時代の苦悩から、「声優」という仕事への思いまでを語ったエッセイとなっている。帯には「全力でぶつかりきったその先に、きっと未来の自分はいるはずです」とエールが書かれている。

【書籍情報】
■「いつかすべてが君の力になる」
・発行元:河出書房新社
・著者:梶裕貴
・発売日:2018年5月10日発売
・定価:1,404円(税込み)
・単行本:188頁
・ISBN:9784309617138

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。