TVアニメ『TARI TARI』の10年後を描くスピンオフ小説が8月1日配信開始

2012年にP.A.WORKSが手がけたオリジナルアニメーション『TARI TARI』の10年後の物語を描いたスピンオフ小説『TARI TARI ~芽吹いたり 照らしたり やっぱり時々歌ったり~』の第1話が、電子書籍としてKindleストアやiBooksなどで8月1日に配信される。以降、毎月1日、15日ごろに続刊が配信される予定。

本作は、母の死をきっかけに、大好きな音楽から離れていた江の島の土産物店の一人娘・坂井和奏が、歌が好きな宮本来夏の呼びかけで、弓道部の沖田紗羽、一人バドミントン部の田中大智、オーストリアからの帰国子女である前田敦博(通称ウィーン)たちとともに、「合唱時々バドミントン部」を設立し、再び音楽に向き合っていく様子を描いた青春物語。

アニメを手がけた橋本昌和監督が書き下ろし、「今の私たちの歌を作る」を目標に10年ぶりに集まった白浜坂高校合唱部の5人と、新キャラクターの女子高生・雪音が登場する。アニメ版でキャラクター原案を担当したtanuさんが表紙、イラストを描く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。