劇場アニメ『この世界の片隅に』の新規シーンを30分使いした長尺版が新タイトルで12月公開!

片渕須直監督の劇場アニメ「この世界の片隅に」に約30分の新規シーンを追加した長尺版が、「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」のタイトルで12月に公開されることが決定した。あわせて、ティザービジュアルと特報映像が解禁された。

本作は、こうの史代氏による同名漫画の映画化で、第2次世界大戦中の広島・呉を舞台に、激化していく世の中で大切なものを失いながらも日々の暮らしを紡いでいく女性すずの姿を丹念に描いた。2016年11月の劇場公開以来、1日も途絶えることなくロングラン上映が続いており、200万人を超える観客を動員。日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞を受賞するなど、高い評価を得ている。

「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」では、現行版では拾いきれなかった原作の魅力的なエピソードを描き足すことによって、主人公・すずだけではない“さらにいくつもの人生”を描き出したいと考えたことから始動。追加されるシーンは、すずが嫁ぎ先の町で出会った同世代の女性・リンと交流する、昭和19年秋と昭和20年冬から春にかけてのエピソードや、妹・すみを案じながら過ごす中で迎える、昭和20年9月の枕崎台風のシーンなど。新しい登場人物や、既存の登場人物の別の側面にスポットを当てることで、キャラクターの心の奥底で揺れ動く複雑な感情を描出。すずも、より大人の印象を与えるキャラクターとしてお目見えする。

あわせて特報映像とティザービジュアルも披露された。特報には、すずを演じるのんによる、「リンさんをさがして。そう、うちの声が言うのが聞こえた……」との声がコトリンゴの歌にのせて収められている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。