『トリニティセブン』劇場版第2弾が制作決定!記念ビジュアルも公開に!

シリーズ累計300万部を突破した大人気ファンタジー漫画「トリニティセブン」の劇場版アニメ第2弾の制作が決定したことが発表された。

同作は、「月刊ドラゴンエイジ」(KADOKAWA刊)で連載中の漫画「トリニティセブン 7人の魔書使い」が原作。伝説の魔導書を託された魔王候補の春日アラタが王立ビブリア学園に入学し、そこで出会った7人の美少女魔導士・トリニティセブンと奮闘する姿を描く。

2014年10月からTVシリーズの放送され、2017年2月には劇場版公開を経て、この度、まさかの劇場版第2弾の制作が決定。この劇場版決定の吉報を受けて、原作・サイトウケンジと、原作コミックの作画担当・奈央晃徳より、歓喜のメッセージが到着した。

サイトウケンジは、「こんなに幸せなことってあるんでしょうか!?」劇場版第2弾の決定を喜び、「この幸せな気持ちを色々な人と分かち合いたいのですが、やっぱりなにより一緒に楽しみたいのは、いつも読んでくださるファンの皆様とです」と、本作を応援し続けているファンたちへ言葉を贈った。

また、作画の奈央晃徳も「二度も劇場で動くリリス、アリン、レヴィ、ユイ、ミラ、アキオ、リーゼ、そしてアラタ達を見ることができるなんて、こんなに作者として嬉しいことはありません」と、銀幕で動くキャラクターたちへの想いと喜びを語った。

「劇場版トリニティセブン」第2弾では、美少女魔道士たちと、かつてない強大な敵との激闘が描かれる。公開日などの詳細は続報を待ちたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。